ナイトブラ比較

【比較】凛とルームブラとPGブラどっちがおすすめ?違いを徹底調査しました!

ナイトブラを選ぶ時、デザイン性を重要視する人も多いですよね。

デザイン性が高いナイトブラと言えば「凛とルームブラ」「PGブラ」です。

凛とルームブラは、ふんわりルームブラで有名なアンジェリールの新商品のナイトブラ。

PGブラはバスト専門サロン「ピーグランデ」が徹底監修して完成したナイトブラです。

どちらもナイトブラとは思えないほど高いデザイン性なので、どっちにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、凛とルームブラとPGブラの違いを徹底的に比較し、どっちがおすすめなのか?詳しくまとめてみました。

凛とルームブラとPGブラでどっちにしようか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

【結論】凛とルームブラとPGブラどっちがおすすめ?

結局、どっちがおすすめなの?先に結論から教えて!

結論として、どっちがおすすめなのかは何を重要視するかで変わります。それぞれ違う良さがあるからです。

ですが、個人的にはトータル的に考えてPGブラの方がおすすめです。

PGブラはナイトブラというより、昼用ブラに近い作りになっており、1枚持っておけば何かと使い勝手が良いです。

私がPGブラをおすすめする理由は以下の通り。

項目ごとにひとつずつ解説していきますね。

PGブラおすすめ理由①着脱がしやすい

PGブラはとにかく着脱しやすいナイトブラ。

というのも、PGブラには”後ろホック”が付いているので、ホックを外してから着脱することができるんですよね。

ナイトブラは足元から履くように着用するか、頭から被るように着用するものが主流です。

後ろホックが付いているナイトブラは超珍しいですが、着脱がしやすいという点で大きなメリットです。

ちなみに、フロント部分の両サイド付近に付いているホックでは着脱はできないです。

PGブラおすすめ理由②昼夜兼用できる

PGブラは昼夜兼用ナイトブラとして自信を持っておすすめできます。

PGブラには”柔らかいワイヤー”が入っているので、日中のサポート力も高く、起きている姿勢にかかる重力からもバストをしっかりサポートしてくれます。

また、PGブラはデザイン性や作りも昼用ブラっぽいので、何の問題もなく日中も着ていられるんですよね。

PGブラほど昼夜兼用できるナイトブラは他にないです。

PGブラおすすめ理由③サポート力が高い

PGブラは”ホールド力”が特徴のナイトブラなので、締め付け感が割と強めです。

それと同時に、サポート力も凄く高い!

ナイトブラは”ノンワイヤー”が主流のなか、PGブラには柔らかいワイヤーが入っています。

バストをガチっと固定できるので、適度に締め付け感あるものの、バストの下垂がすごく気になる人には最適です。

締め付け感が優しいナイトブラはサポート力がイマイチなこともあるので、形崩れや下垂も防ぎにくいんですよね。

それに比べてPGブラはホールド力が高く、バストが全然動かないので、昼間も睡眠中もサポート力に優れています。

PGブラおすすめ理由④小胸でも盛れる!

ナイトブラはワイヤーが入っていないので、胸が小さいと昼用ブラほど盛れないんですよね。

PGブラは柔らかいワイヤーが入っており、肩紐調節やアンダーバンドの調節もできます。

さらに前ホックも付いているので、胸を中心にギュッと寄せ集めやすく、小胸でも胸を盛りやすいんです。

写真は後程載せますが、Bカップ貧乳の私でも昼用ブラ並みに盛れます。

PGブラおすすめ理由⑤勝負下着としても◎

PGブラは使い勝手の良さも魅力のひとつ。

デザイン性が高いナイトブラって彼とのお泊り用としても使えますよね。

しかし、勝負下着として使えるのか?と聞かれると、「うーん。」という感じですよね。

何故なら、ほとんどのナイトブラは後ろにホックが付いていないから。

後ろホックが付いていないから彼も「あれ!?」となりがち…。

後ろホックが付いているPGブラは昼用ブラと何も変わらないので、お泊りデート用ナイトブラとしても大活躍です。

凛とルームブラとPGブラの比較一覧表

凛とルームブラ PGブラ
値段 5,980円+税 5,500円+税
送料 660円 660円
サイズ展開 全4サイズ 全5サイズ
適応カップ数 A~Fカップ A~Fカップ
カラバリ 全6種類 全3種類
デザイン
着心地
ホールド力
バストアップ
コスパ
サイズ交換
初回のみ試着後のサイズ交換◎

初回のみ試着後のサイズ交換◎

 

こうやって比較してみると、それほど大差はないような感じがしますね。

それでは、項目ごとに深掘りして解説していきます。

凛とルームブラとPGブラの着心地を比較!

まず、着心地の良さを比較!

ナイトブラは基本的に睡眠中に着用するものなので、着心地の良さはやっぱり重要ですよね。

ナイトブラの着心地が悪いと寝心地が悪くなり、よく眠れなかったりすることも…。

凛とルームブラとPGブラは着心地よりもデザイン性重視のナイトブラなので、はっきり言って、ヴィアージュほど着心地はよくありません。

とはいえ、どちらも着心地が悪いわけもないんですけどね!

結論として、かなり僅差ですが、着心地が良いのは「凛とルームブラ」かな…。感じ方はひとそれぞれなので、一概には言えないんですけどね。

ナイトブラの着心地の影響してくるのが、洗濯タグや生地の縫い目、レース素材、ホックなど。

締め付け感も苦しすぎたら着心地が悪く感じやすいですね。

凛とルームブラは洗濯タグが肌に触れないよう、カップの入り口付近に隠れるように付いています。

なので、洗濯タグが素肌に擦れてチクチクなるとかは一切ないです。

また、凛とルームブラは胸部部分は”コットン100%素材”が使われているので、肌触りもとっても良いです。

また、凛とルームブラは”レース素材”がたくさん使われていますが、直接肌に触れないように工夫されています。

肩紐や背面部分もベースの素材にレース生地が貼り付けられているだけなので、チクチクすることもありません。

強いて言えば、ナイトブラの端の部分とアンダーバンド部分だけ、素肌に直接触れます。

敏感の人はヒラヒラ感が気になるかもしれませんが、私は全然問題なかったです。

また、凛とルームブラは肩ひもが太いので、肩に集中して負担がかからず、胸が大きい方でも負担が少ないと思います。

PGブラは、凛とルームブラに比べて昼用ブラ感が強い!

レース素材の使用量は少ないものの、バスト部分に結構触れてますね。

これによって痒みが出ることはないですが、ストラップ式の肩紐も細いので、胸が大きいと負担がかかりやすいかも…。

また、洗濯タグも普通に付いています。

あと、PGブラは”前後ホック”も付いています。

ホックの部分に体重がかかると違和感に感じる可能性もあるので、着心地の面で考えるとないほうが良いですね。

また、お肉が流れないように「サイドバー」も採用されているので、なかには違和感がある人もいるかもしれません。(※私は大丈夫でしたが…。)

このような理由から、着心地で選ぶなら『凛とルームブラ』をおすすめします。

とはいえ、PGブラが着心地悪いというわけではないです。その点だけご注意を。

\着心地で選ぶなら/

≫今すぐお試し

凛とルームブラとPGブラのデザイン性を比較!

続いて、デザイン性を比較!

凛とルームブラとPGブラは、どちらもデザイン性が高いナイトブラです。

デザイン性の好みは個人差があるので、それぞれのナイトブラを一緒に見ていきましょう。

まずは、凛とルームブラ。

凛とルームブラは透け感のあるレース素材が特徴のナイトブラです。

背面部分にもレース素材が使われており、とっても可愛いですよね。

真ん中にはワンポイントで「輝くジュレル」が付いています。

フロントホックを外すとこんな感じ。

カップ全体にレース素材が使われていて、とっても華やかです。

エイジングケア向けナイトブラなので、40代、50代の方でも着用できる高級感のある仕上がりになっています。

続いて、PGブラ。

こうやって見ると、あまり派手じゃない印象。

凛とルームブラに比べると、少し落ち着いた雰囲気のナイトブラですね。

透け感のあるベルトで、背面部分も同じような素材が使われています。

デザイン性の好みはひとそれぞれですが、個人的には『凛とルームブラ』のほうがお洒落だと思う!透け感のあるレース素材がとってもお洒落です。

\デザイン性で選ぶ/

≫今すぐお試し

凛とルームブラとPGブラのホールド力を比較!

続いて、ホールド力を比較!

ナイトブラに欠かせない1つのポイントでもあるのが”ホールド力”です。

睡眠中は全方向に重力がかかるので、全体的にバストを包み込むホールド力が必須!

凛とルームブラとPGブラはどちらもホールド力が高いナイトブラです。

それぞれのホールド力を一緒に見ていきましょう。

まずは、凛とルームブラ。

凛とルームブラはノンワイヤーとは思えないほど、ホールド力に優れています。フロントホックにより、バストを中心にギュッと寄せ集めやすいのも特徴!

そして、新しく採用された「脇高設計」により、両脇のはみ肉がカップの中に入れ込みやすく、集めたお肉も逃げにくいです。

仰向けや横向きになってもバストの形が綺麗にキープされています。

一方、PGブラ。

PGブラは、前後のホックでバストを中心に寄せ集める力がかなり強いのが特徴!

PGブラはホールド力が特徴のナイトブラなので、一般的なナイトブラよりは締め付け感があります。

バストをカチッと固定できるので、睡眠中のホールド力もバッチリです。

結論として、ホールド力が高いのは『PGブラ』。締め付け感がある分、ホールド力もかなり高いです。

\ホールド力が高い/

≫今すぐお試し

凛とルームブラとPGブラのバストアップ効果を比較!

続いて、バストアップ効果を比較!

ナイトブラをバストアップ目的で始める人も多いですよね。

PGブラはバストケア専門サロン「ピーグランデ」が監修して完成したことから、育乳効果にも期待できそうですね。

しかし、個人的には凛とルームブラのほうが育乳効果は期待できると思います。

その一つ目の理由として、新しく採用された「脇高設計」。

この「脇高設計」のおかげで、両脇や背中から集めたお肉が逃げにくくなり、バストの位置でしっかり固定しやすいです。

一方、PGブラは少しだけ”はみ肉”が気になります。

しっかりとカップの中に入れ込んでも、凛とルームブラよりも戻りやすい気がします。

また、締め付け感が強すぎると、バスト周りの血管を締め付け、バストに必要な栄養も届きにくくると言われています。

そう考えると、締め付け感が優しい『凛とルームブラ』のほうがバストアップ効果も期待できそうですよね。

\育乳効果で選ぶなら/

≫今すぐお試し

凛とルームブラとPGブラのコスパを比較!

最後は、コスパを比較!

コスパとは、単純に値段の安さのことではなく、支払った費用に対して得られた効果のこと。

コスパの良さは実際に使ってみなくちゃわからないのです!

それぞれの価格は以下の通り。

凛とルームブラ PGブラ
5,980円+税 5,500円+税

凛とルームブラとPGブラはほぼ同額。ナイトブラの中では割と高いほうですね。

結論として、コスパが良いのは『PGブラ』。凛とルームブラよりもPGブラの方が長く使えて使い勝手も良いです。

ストラップ式の肩ひもや前後にホックが付いてるので、肩ひもやアンダーバンドが伸びる心配もないんですよね。

ナイトブラの交換時期は大体3ヶ月ほどと言われていますが、PGブラは伸びきる心配がないからめちゃくちゃ長く使えるんですよね。

感覚的には“昼用ブラ”のような感じ。

また、PGブラは肩ひもの長さ調節やホックの調節にて、身体にピタッと合わせることができるのも魅力の一つですね。

\コスパで選ぶなら/

≫今すぐお試し

おわりに

今回は、見た目が可愛すぎると話題の「凛とルームブラ」「PGブラ」を徹底的に比較してみました。

どちらもナイトブラとは思えないほどデザイン性が高く、価格もほぼ同額のナイトブラです。

結論として、どっちも違った魅力があるので、本当に買ってよかったと思っています。

個人的には、色んな場面で使えるPGブラがおすすめですが、最終的に決めるのは自分自身なので、納得するほうを選びましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

凛とルームブラ
\楽天市場/
≫今すぐお試し
PGブラ
\公式HP/
≫今すぐお試し
「それでも悩む!」という方は、レビュー記事も読んでみよう!
あわせて読みたい
効果なし?凛とルームブラを実際に試してみた私の口コミ先日、ふんわりルームブラで有名なアンジェリール(Angellir)から新商品のナイトブラ『凛とルームブラ』が発売されました。 ...
あわせて読みたい
PGブラを実際に試した口コミと効果!バストアップするのか徹底検証! 「本当にナイトブラなの?」と思うほど、デザイン性に優れたナイトブラと言えば『PGブラ(ピージーブラ)』。 バストをサポート...

【厳選】売れ筋ナイトブラおすすめランキング

気になるナイトブラがあったら見てみてね。
レビュー 値段 全体評価

ヴィアージュ
2,980円+税
着心地抜群!
コスパ良い◎

凛とルームブラ
5,980円+税
昼用ブラ以上の
華やかデザイン

LUNAナチュラルアップナイトブラ
3,980円+税
バストアップ特殊構造
育乳効果あり

ふんわりルームブラ
3,980円+税
デザイン性◎
カラバリ豊富!

PG-Bra
5,500円+税
前後ホック有
勝負下着にも◎

モテフィット
5,980円+税
スポブラ◎
てんちむプロデュース

ルルクシェルくつろぎ育乳ブラ
3,980円+税
レース感が強い
セクシー度高め!

シンデレラマシュマロリッチナイトブラ
3,980円+税
肌触りが良い
姿勢改善効果◎

Moriage加圧ブラ
3,980円+税
小胸女子でも
谷間メイク◎

ふわっとマシュマロブラ
4,980円+税 生地が丈夫!
フリーサイズ
ドン・キホーテ 590円+税
値段は安いけど
ホールド力低い

すっぴんブラ
2,690円
何も付けていないような軽い着心地

ワコール
4,500円+税
締め付け感なし
バストトップが浮きやすい

しまむら
780円
とにかく安い!

マークゼニス
1,200円
ホールド力が低すぎ